既製品と手作りの指輪を比較してみた!その結果は!? | 人気!手作り指輪を解剖

HOME » 手作り指輪のコト » 既製品と手作りの指輪を比較してみた!その結果は!?

既製品と手作りの指輪を比較してみた!その結果は!?

最近、手作りの指輪が流行っているみたいだけど、既製品との違いがあまりよくわからないという人も多いと思います。
それもそのはずで、見た目としては手作りの指輪と既製品を比較しても、何ら変わりはありません。
それなら、既製品を購入したほうがいいのではないかという意見もあるので、既製品と手作りの指輪をいろんな角度から比較してどちらがいいのかを見ていきたいと思います。

・手作りの指輪と既製品を比較
既製品というのはジュエリーショップで販売されている指輪のことです。
既製品で理想のデザインをした指輪を簡単に見つけられればいいのですが、指輪を見に行った人の大半は数店舗回って指輪を購入する人がほとんどです。
一方、手作りの指輪であれば、自分たちが理想とする指輪を作れるので、妥協をする必要もありません。
デザイン性で比較をしてみると、既製品よりも手作りの指輪の方が時間がかからず、理想のデザインを形に出来るのでおすすめです。

・素材の比較と価格の比較
素材に関して比較をするのであれば、既製品とほぼ変わりません。
少し違うと言えばプラチナでも900Ptの素材を使っていることだと思います。
900Ptの素材を使う理由は、コスト面だけでなく加工がしやすくなるようにと考えられたもので、アレルギー反応が出やすい人には不向きかもしれません。
しかし、価格で比較をすると2本で20万円〜30万円程度する指輪が、手作りでは5万円〜7万円、豪華なものでも十数万円程度で作れちゃいます。

このように既製品と手作りの指輪を比較してみると、結果的に手作りの指輪の方がメリットが高いと思います。
しかし、手作りの指輪にもデメリットがあり、既製品の場合は納期が3週間〜1ヵ月程度なのですが、手作りの場合は工房が混雑しているときは1ヶ月半〜2ヶ月程度かかってしまうこともあるようです。
デザイン性や素材、価格などを比較し手作りの指輪の方がいいと感じた人は、工房が混雑することも考えられるので早めに指輪を作るのがおすすめです。