手作りの指輪とは?永遠の愛を誓うなら2人にとっていい思い出を残そう! | 人気!手作り指輪を解剖

HOME » 手作り指輪のコト » 手作りの指輪とは?永遠の愛を誓うなら2人にとっていい思い出を残そう!

手作りの指輪とは?永遠の愛を誓うなら2人にとっていい思い出を残そう!

手作りの指輪が人気と言われているのですが、指輪はジュエリーショップで購入するものなんじゃないの?と思っている人もいるはずです。
まだ、手作りの指輪を作ったことがない人にとっては、手作りの指輪とは何なのか、どうやって作るのかを知らない人も多いと思います。
そこで、手作りの指輪とは何なのか、そもそも結婚指輪を付ける意味は何なのかについて見ていきたいと思います。

・そもそも手作り指輪って何なの?
手作りの指輪というと、すぐに錆びてしまいそうな安っぽい指輪をイメージする人も多いと思います。
手作りの指輪とは、自分が思い描いているデザインの指輪を自分たちで作るというものです。
その指輪にはジュエリーショップで販売されいている素材と同じものを使い、プラチナやゴールドなどの素材から指輪を作れます。
デザインの考案や素材選び、指輪の原型を削る作業を自分たちで行い、仕上げとなる磨き上げや彫刻などは工房のスタッフに行ってもらい、手作りの指輪が完成します。

・そもそも結婚指輪を付ける意味って?
結婚指輪を交換して付けることは、永遠の愛を誓い合った証とされています。
永遠の愛を誓い合うなら2人にとっていい思い出となり、大切に出来る指輪が欲しいと思うのが普通です。
大切にしたいと思える指輪を手に入れるためには、自分たちで作るのがもっともベストな方法です。
手作りの指輪のメリットとしては自分が理想とするデザインを形にでき、こだわりのデザインも自由自在に作れ、大切にしたいと思える指輪と思い出を手に出来ますよ。

いかがでしたでしょうか。
手作りで指輪を作ることの大切さについて分かっていただけましたか。
必ずしも手作りの指輪を購入することを勧めるわけではないのですが、既製品と手作りとでは思い入れが異なり、愛着がわくわかないも出てきます。
結婚指輪は一生に一度と言われるもので、デザインにこだわり手作りで指輪を作れば一生身に着けられ、2人にとってかけがえのない思い出になりますよ。