人気の理由は何?手作り結婚指輪を徹底解剖 | 人気!手作り指輪を解剖

HOME » 手作り指輪のコト » 人気の理由は何?手作り結婚指輪を徹底解剖

人気の理由は何?手作り結婚指輪を徹底解剖

指輪の手作りは実は簡単

指輪を手作りする方法は、簡単です。

テグスと綺麗なビーズを用意し、テグスにビーズを通して輪っかにすれば完成です。

プロの手に委ねる必要もなく、お金もかかりません。

材料は100均に行けば、ほとんど揃います。

それでも、工房で結婚指輪を手作りする人は後をたちません。

予約2ヶ月~3ヶ月待ちになっているほど、人気が高い所もあるほどです。

指輪の作り方について

指輪の作り方には、主に鍛造と鋳造の2種類あります。

鍛造は、読んで字の如く金属を鍛えて指輪の形にする方法です。

細工は施せずシンプルな形になるものの、頑丈な作りとなっています。

一方鋳造は、型に溶かした金属を流し込み指輪を作る方法です。

芸術品レベルの指輪が完成しますが、頑丈さは鍛造と比べると脆くなっています。

工房でよく見かけるのは、鋳造です。

手掛けるのはロウを用いた型づくりで、溶かした金属を流し込むのはプロの役割です。

鋳造よりも数は少ないものの、鍛造を取り入れている工房もあります。

手作り結婚指輪の仕上がり具合

実際の仕上がりについてですが、ブランド品と並べても違和感がないほどのクオリティです。

「たまたま手先が器用な人が作っただけの話では」と、おもわれるでしょう。

しかし体験した人の中には、手先に自信がない方もいます。

ただ不思議なことに、手先が不器用な人であればあるほど、道具を目の前にするとスイッチが入りのめり込んでいきます。

最後の仕上げはプロの職人が行っているというのもありますが、指輪の出来を大きく左右する型作りは、夫婦本人の手によるものです。

手作り結婚指輪は夫婦色に染めることができる

手作りの結婚指輪の最大の魅力は、夫婦の色に染め上げることができることでしょう。

結婚生活を経て幸せを重ねれば重ねるほど、結婚指輪は良い色に染まるでしょう。

既製品の結婚指輪の場合、どんなに使い込んでも夫婦色に染まることはありません。

大量生産の既製品が本物になることは、滅多にないからです。

でも夫婦で協力して作り上げた結婚指輪は、本物です。

本物の結婚指輪は、夫婦の前に立ちはだかる壁を乗り越える力となってくれるでしょう。